ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚19-332ナリカワリ/6巻(終)

ありのままの自分で。

f:id:datu3daybouzu:20191201144240j:image

評価

☆☆☆(→)

あらすじ

犯人に息子を人質に取られ、強制的に協力を強いられている人から聞いた犯人の行動は、人の道から外れていた。

恐怖と戦いながら、息子を守るために万里雄、萌里唯とともに殺人鬼を倒す。

ルサンチマンのリーダー或人は、万里雄の裏切りに気付いていたため、有栖に万里雄殺害を命じる。万里雄に対し、

ルサンチマン全員で

お前を的にかける

からの

セレナの仇だけは

教えといてやるよ

セレナの仇はー

萌里唯だぜ

これから最高に面白くなる予感だったのに、

けれどこの後僕が萌里唯に手を下すことはなかった

なぜならこの日がー

彼女との最後の一日になったからー

物語は一気に終息へ。

萌里唯はルサンチマンから万里雄を守り、有栖によって殺される。

死ぬ直前でセレナに憑依し、ルサンチマンのリーダー、或人のコンプワード「メシア」を入手。或人を倒し、最後に憑依したセレナの姿で廃墟の遊園地で万里雄とデートする。

翌日、昏睡していたセレナは目を覚まし、万里雄の学校ではいじめが行われていた。そして万里雄は憑依ステッカーではなく、自分の力でいじめから救うため立ち向かうのであった。

感想

すごく面白かったからもっと読みたかった。

あとがき

これからまだまだ続いていくかと思ったけど、6巻で完結。最初から最後まで面白く、最高の漫画だった。