ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

漫画

📚24-14バトルスタディーズ/27巻

15m. 長い9回の裏。くさい言葉が心地よく沁み渡る。ためにではなくしたい。生きるために働くのではなく、生きたいから働く。同じ行為でも、後者の方が前向きに見える。

📚24-13バトルスタディーズ/26巻

16m. 地獄のDL編がピークだったなんて思いたくはない。

📚24-12終末のハーレム/18巻(終)

30m. 未完の物語はない。それでも物語の完結はいつだって感傷的になる。

📚24-11終末のハーレム/17巻

20m. 知られざるクロエの過去が明らかになる。

📚24-10終末のハーレム/16巻

18m. 不死鳥神谷とイザナギのその後。

📚24-9終末のハーレム/15巻

21m. 成長著しい。悪の組織を思い出すポーズ。

📚24-8終末のハーレム/14巻

25m. 物語もしっかりしていて面白い。

📚24-7終末のハーレム/13巻

28m. 第二部始動。アフターワールドの響きがカッコいい。

📚24-6かぐや様は告らせたい/28巻(終)

33m. 何だかんだ言いつつも、終わってしまうと寂しい。最初の頃と比べてみんな成長している。天才は歪。才能の数だけ欠けているのが人間。1番好きなキャラは裏主人公の石上優。口癖の「死にたい」を言わなくなったって、胸熱でしかない。自分も生徒会の一員…

📚24-5かぐや様は告らせたい/27巻

32m. 白銀の卒業に妹を重ねてしんみり。今まで側にいた人が離れていくのは寂しい。肝心の恋愛は下よりの惚気が過ぎて、リア充とは程遠い自分には辛かった。EQという耳慣れないフレーズが気になる。

📚24-4左ききのエレン/24巻(完)

40m. 初めてiPhoneだけで読んだ。今まで読みにくそうだと思っていたけど、集中して読んでいるうちに気にならなくなった。何だかんだで最終回は感動。確かにエレンと光一の接点はほんのちょっと。それでも自分の人生に大きな影響を与えている。上司によって雰…

📚24-3左ききのエレン/23巻

37m. 東日本大震災。今回の地震で思い出すのは、日常で塗り潰してきただけだから。

📚24-2左ききのエレン/22巻

34m. 長かった怪物の共演編が終わり、東日本大震災。例を見ないCM自粛。視聴者の裏側の世界へ。

📚24-1左ききのエレン/21巻

26m. 電子書籍だからか、作品そのものに原因があるのか、ここ最近ずっと面白くない。序盤で響きまくった言葉が刺さらない。もうすぐ終わる。あと3冊の我慢。

📚23-60左ききのエレン/20巻

29m. 天才たちの到達点。面白くはないかもしれない。

📚23-59左ききのエレン/19巻

43m. 汐留じゃない広告代理店。コンプレックスが大きい人間は、案外ストレスに強い。自分が強くないのは、そもそも人と関われないからか。人を切るのは辛いだろうな。

📚23-58左ききのエレン/18巻

42m. 優しさを取り戻す光一に対して、迷走するエレン。いつの間にか立場が逆転している。ブルピリ読んで美大に詳しくなったけど、出身多摩美は高学歴。学歴の物差しから解放されたい。働いていると、後悔ばかりが思い出になる。そうだとしても働き続けたい。

📚23-57左ききのエレン/17巻

22m. 初の電子読み。自分の上位互換がラスボス。2時間の筋トレを努力と見るか日常と見るか。努力を才能と思い込む。かっこいい言葉。そして生意気なアラタは岸家の長男。

📚23-56かぐや様は告らせたい/26巻

31m. 月夜の下で告白。この巻が最終回でもいいくらい。人を信じなかったかぐやにいつの間にか仲間が。将来は写真に関わる仕事がしたい。それ以上に、藤原書記の祖父が総理大臣だった事に驚いた。

📚23-55かぐや様は告らせたい/25巻

30m. かぐやが秀知院を辞める。それを防止する為の奪還作戦。またもや10億。10億あったら適当な投資で配当何千万。

📚23-54かぐや様は告らせたい/24巻

34m. 大仏と伊井野の関係は崩壊せず保たれた。フランス校との交流会の後に、四宮財閥崩壊のニュース。四宮が姿を消した。

📚23-53かぐや様は告らせたい/23巻

41m. 石上と伊井野の恋愛模様。そこに大仏が入り込んできて捻れた。不知火ころもとApexの下は好き。それからBSS。

📚23-52かぐや様は告らせたい/22巻

34m. ついに白銀とかぐやが交わる。残り4ヶ月。これからは堂々と交際する事を早坂に伝える。でも、噂になる前に藤原書記には直接話す事に。

📚23-51かぐや様は告らせたい/21巻

31m. 石上は子安に振られた。かぐやが白銀の家に来て、一家離散の悲しい過去。次巻から進級。四条帝のラスボス感。

📚23-50かぐや様は告らせたい/20巻

42m. 石上が16歳になった。テスト勉強頑張ったり、好きな人と上手くいったり。会長の言うように、人としての成長が半端ない。自分より大人。

📚23-49かぐや様は告らせたい/19巻

42m. 京都の修学旅行で、ついに早坂が対等な関係に。そして石上×子安か石上×伊井野かのカプ論争。白銀の父はYouTuber。スパチャ1万の3割を手数料で持っていかれるのが生々しい。

📚23-48かぐや様は告らせたい/18巻ⅱ

38m. 18巻も再読。前から好きだった早坂がより好きになった巻。妄想横浜旅行とモーニングルーティン。そして、付き人解任の修学旅行。それを追うかぐやの兄。

📚23-47ブルーピリオド/14巻

43m. 八雲の過去編。そして真田との経緯。八虎と似てるからごっちゃになる。はっちゃんの日本人じゃないのに営業トップ。この世界は一言余計が過ぎる。悪意持って言ってるのに、何で許されるんだろう。

📚23-46かぐや様は告らせたい/17巻ⅱ

44m. まさかの2度目だった。内容すっかり忘れていたからちょうどよかったかも。会長と伊井野の気まずさポエムで思い出した。石上の筋トレも面白い。久々だけど、自分は断然原作派。

📚23-45ブルーピリオド/13巻

39m. 仲良さげな3人組は広島出身。もうひとりの真田が殺された。急なミステリ展開か。ノーマークスは資金繰りが上手くいかず解散。前巻ラストの久山さんは、藝大も辞めて、ノーマークスとも仲違い。八虎の罪悪感の作品が印象的だった。