ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📝実家泊の頻度

今日は午前中に「空の青さを知る人よ」という映画を観て、午後はツタヤで借りた漫画をひたすら読み進めた。おかげで今週も無事に課題達成。映画は久しぶりに息苦しさを覚えるくらい感動したし、漫画も「ルックバック」という個人的良作に出会えた。そして夕方からツタヤ返却とか夕食購入とか外出したんだけど、心なしか暗くなり始める時間が遅くなった気がする。昼夜折り返しの冬至も過ぎたから、仕方ない事ではあるんだけど悲しい。家族以外の人と関わらないせいか、ツタヤのセルフレジが不調で、店員呼ぶのにものすごい緊張した。のり弁買ったほっともっとでは、店員の顔を直視できなかった。こんな状態で、明日からの仕事大丈夫かなとは思ったけど、周りが自分の特性を知ってくれているという安心感が心強い。人と関わらずに1人でこなせる仕事が理想だけど、4月から9ヶ月間、理解ある職場で働くなかで、周りの理解があれば何とかなるかもしれないって思い始めた。以前のフリーになりたい願望が薄れてきた。ただ、今週はクリパとポケGO関連で、金、土と実家に泊まったんだけど、週2日は家族とはいえ重たかった。最高でも週一、自分の心が慣れてきたら2週間に1回とか、頻度は上げずに下げていきたい。年末年始は31日に帰って、2日に帰省予定。これで様子見てみる。