ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚20-153バトルスタディーズ/20巻★★

大阪大会。

f:id:datu3daybouzu:20200509182915j:image

感想

DL学園が大阪大会を制すのは分かってた。ネットで最新刊のあらすじが出てるし。あれネタバレになるから伏せてほしいところもあるけど。この巻はいつものバトスタにしてはあっさりしてた。

あらすじ

対万年で登板した阿比留は、きっちりファーストフライに打ち取り、大阪大会はDL学園の優勝で終了。

優勝の余韻に浸る暇もなくすぐ始まる甲子園。代表メンバーは20人から18人へ。落とされたのは見逃し三振をかました南と名前だけ登場の3年歌森。そのことについて風呂場で語りあい、練習しようと風呂から出た長野が滑って転び、右手の小指と薬指を骨折。全治3か月。監督の藤巻は精神的支柱である長野をメンバーに残す考えでいたが、メンバー外の花本が直談判。チームを思う長野はユニフォームを脱ぎ、記録員として入ることを決め、花本がメンバー入り。

そして甲子園の抽選会。選手宣誓は立候補した狩野。全国の猛者が集うホテルであの男、毛利がDLにおびえるように他校の選手として登場。