ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚19-347僕のヒーローアカデミア/12巻

f:id:datu3daybouzu:20191222223229j:image

評価

☆☆

あらすじ

各々必殺技の習得、コスチュームの改良等を経て仮免試験へ臨む。

緑谷は、発目の

脚を冷やしたいなら腕で走ればいいじゃないですか

という、エリザベス女王的な発言からヒントを得て、ワンフォーオールを負傷した手から足技メインにする事を思い付く。

発目の師匠、パワーローダーの

常識とは18歳までに身に付けた偏見である

アインシュタインの引用だけど改めていい言葉だなって。

そして始まった仮免許取得試験。

緑谷たちは東の雄英高校と並ぶ、西の士傑高校と出会う。中でも、相澤より雄英の推薦入試をトップ通過したにも関わらずなぜか入学を辞退した夜嵐イナサは要注意人物とのこと。

第一次選考は

様々な要素を取り入れたフィールドでボールをぶつけぶつけられ‼︎

受験者は3つのターゲットマークを好きな箇所にセット‼︎

ボールは6つ所持!

3つのターゲットにボールを当てられると脱落!

二人脱落させた者先着100名が試験を通過できる!

という面白そうなやつ。

雄英高校1-Aは、個性ばれ等のディスアドバンテージから雄英つぶしの洗礼をくらうも、皆で協力し1人も脱落する事なく20名全員で一次試験を突破するのであった。

感想

担任の相澤のトップ高の定め的なのに、第一志望落ちた自分は少し揺らいだ。