ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚19-300二月の勝者/5巻

夏合宿。

f:id:datu3daybouzu:20191114074244j:image

評価

☆☆☆(→)

あらすじ

桜花吉祥寺校の問題児、石田王羅。結果的に桜花を辞め、系列校の個別指導塾に移動になるんだけど、塾に通ってるのは石田王羅を拘束するため。学童保育とかも年齢制限がある兼ね合いで、塾をそれで使ってた。

佐倉は黒木に、受験が向かない人は無理に受験させないで、普通の小学生に戻してあげるべきだと主張。黒木は佐倉と普通の小学生やらの生活を確認に。

大変ですね、今の小学生は。

放課後の居場所を得るのもカネ次第…!

表紙にも使われてる名言。

そしてΩクラス進級をかけた選抜試験。

始まった夏合宿。

Ω2入りしたのは上杉海斗、柴田まるみ。

まず上杉海斗について。

忠告をさせて頂きます。

今後一切島津くんと揉め事を起こさぬよう

気になってた。そしてやっぱり続きがあった。

なぜなら

あなたはΩ入りを本気で狙える能力かあります

彼と机を並べる日が来ますので

黒木からこんな事言われたら俺だって嬉しい。

そしてもう1人の柴田まるみ。

黒木曰く、中学受験が自分ごとになって本来の力が出てきた。

 

それと残念ながらΩ入り出来なかったダークホース加藤匠。あの鉄道オタク。

国語以外はかなりハイスペック。

 

夏合宿で揉まれそれぞれ頑張る夏。

桜花吉祥寺校トップの島津は、全桜花トップお茶の水校織田未来に出会い、触発される。

そしてみんなが計算バトルという催しを楽しむ中、不安げで暗い顔した柴田まるみ。

感想

受験は読まないから面白い。