ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

漫画-娘の友達

📚21-144娘の友達/7巻(終)

12m. 胸糞でもないけど顔晴でもない。めちゃくちゃ読みやすいけど、ずっと息苦しかった。何が普通なのかは自分が決める?そもそも普通か異常かは周りが勝手に決めてるだけで、自分がしてることに普通も異常もない。

📚21-143娘の友達/6巻

14m. 誰かを不幸にする幸せ。この前観た「青くて痛くて脆い」じゃないけど、みんなが幸せになる方法はないのかなって思ってしまう。

📚21-142娘の友達/5巻

16m. 自分は逃げてばっかだけど、父親だって逃げたくなる。同級生に指摘されて腑に落ちた娘。 老舗の箱根旅館に新卒の女性同僚と娘の友達。そこで明かされた如月古都が水族館に通う理由。魚になったみたいで自由を感じるから。

📚21-141娘の友達/4巻

17m. 如月古都との関係が会社の人と娘にばれて、呼吸ができなくなる感覚。窒息死しそうな中で、唯一の希望は如月古都。そして再会。古都の母にばれ、次巻、怪文書が会社に送られる予定。

📚21-140娘の友達/3巻

16m. 父親でも課長でもない自分は存在してはいけないのか。分人についての議論?深いなぁ。娘の問いに認めたようなもん。そして最悪なタイミングで如月古都。

📚21-139娘の友達/2巻

15m. せっかく不登校の娘が学校に行くようになったのに、娘の友達と水族館デートとか、何もしてないとはいえラブホテルで、全裸を見せつけられるとか危なすぎる。既に一線は超えてるんじゃないか。娘は親友と父の関係性に感づいてるし、これで再び娘が不登校…

📚21-138娘の友達/1巻

19m. 娘の友達と恋愛関係になるのか。好意を抱いているのは娘の友達の方で、実の娘は引きこもり。何もかも嫌になって潰れかけたところを、娘の友達に救われ、青森まで逃避行。東京行きの終電時間潰しのネカフェで、キスされちゃってるし。娘が心配して父親に…