ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📝昼休みとは

昼休みに眠っていたらクレームをつけられた。昼当番の同僚が昼休みである事を伝えてくれたけど、その後は恥ずかしさでしばらく耳が熱を帯びたまま。とにかく疲れやすい自分にとって、食後の昼休みは寝る以外の選択肢がない。仕事中は仕事に集中してきたけど、帰宅後の今はかなり引き摺って気落ちしている。今年度からは人の出入りが多い部署に異動になって、確かに人によっては不快に感じるのかもしれない。本当は自分の机が1番落ち着くし、寒暖の影響も受けないからベストではある。ただ、今日の事があって、それを気にしない程メンタルは強くない。母に電話したり、スマホで昼休みの過ごし方を調べたり、思考のグルグルを放置していたら20時を過ぎた。せっかく18時過ぎに帰宅したのに台無し。今日は早く寝る。明日に不安もあるけど、風呂に浸かって夜ご飯を食べないと今日が終わらない。自由に過ごせるはずの昼休みは自由でなかった。昼に眠れないのはしんどい。