ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📝環境か才能

16時を過ぎてから、少しずつ不穏さが増していく。シン・仮面ライダーを見て、米津玄師について思いを巡らせた。出回っている情報でしか知らないけど、佇まいとか雰囲気が自分に似ていて、前から親近感を抱いていた。障害を障害でなくすには、環境に恵まれるか、才能に恵まれるしかない。偉人とか著名人に、発達障害の特性を有する人は少なくない。だけど、それは夢物語に等しくて、だから今の子どもたちは手厚い環境で保護されている。月曜日が近づくと、現実逃避したくて特例子会社とか、青い鳥を求めて彷徨い始める。そしてそれは、郵便受けに挟まれた求人広告を見て我に返って終わる。普通に働けない自分が、普通の人と同等のお金をもらっている。そのおかげで、少なくとも今はお金に関する心配はなく、週末は自由気ままにひとりの時間を過ごせている。でも、眉毛が抜けるほど仕事が辛い。他人事だったら腐っても今の仕事を続けるよう助言すると思う。ただ、自分ごととなると割り切れない。理想と現実の間でずっと揺れてる。この後は家族と外食だから、早々に帰省する。ひとりで抱え込まないで、吐き出しながらとりあえず明日。明日が憂鬱なのは自分だけではないだろうし。