ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📖先週のジブン(2023.7.24〜7.30)

f:id:datu3daybouzu:20230801095009j:image

低空飛行と薄くなる眉毛。

主な出来事

7/24不調の始まり

朝はいつも通り起床。でも出勤時間が近づくにつれて体が重くなった。いつもより家を20分遅く出てその場しのぎ。これが意外とよくて1週間続ける事にした。

7/25弁当①

不調の中で、仕事に行く目的。ちょっと贅沢な昼ご飯。メインのおにぎらずも去る事ながら、サクサクな唐揚げが美味しかった。

7/26噂話

辞める人の噂話を又聞き。今の自分は辞める辞めないの葛藤がものすごいある。仮に辞めたいと伝えたとしても、いったんは思いとどまらせてくれるはず。勝手にそう期待していたけど、現実は意外とそっけないかもしれないと思い怖くなった。結局当事者の意思が優先というか。

7/27弁当②

この日はキンパメインの弁当。何だかんだで、いつもと違う豪華な弁当は、それだけでモチベになる。企画してくれる人には感謝しかない。

7/28眉毛

朝当番は天気の話で凌いで、昼休みの車内休憩は止めた。1週間乗り越えた後に鏡みたら眉毛が薄くて、日に日に実感はあったけど、悲しかった。頭皮の炎症もよくならなくて、皮膚科継続を決めた。

7/29痺れる

午前中は皮膚科で、午後は心理相談。吐き出しながら2度目の痺れ。1度目は父の話をした時。8月からは2週間に1回。夕方は父不在の実家に帰省して、2ヶ月ぶりの宿泊。

7/30週末帰省

週末帰省した実家で、心理相談に加えていろいろ吐き出した。それが意外と心地よくて、次は父がいたとしても週末帰省を匂わせた。土曜日とかだと疲れてしまうかもしれないから、まずは金曜日くらいから。眉毛の相談もまたしたい。夜はAqua Timezの決意の朝にを流して、気持ちを整えた。

あとがき

家を出る時間を遅くして、週末は心理相談と実家で吐き出して、低空飛行の1週間を乗り越えた。目に見える眉毛が1番のストレスだけど、髪も髭も陰毛も脱毛進行中。内に溜めない為に、吐き出すのは有用。眉毛を失ったとしても、続ける価値が今の仕事にあるのかどうか。先の事も考えてしまう。