ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📝主治医と失言

今日は朝7時前に職場に行って、昨日下書きした書類の入力。一度は手書きも考えたけど、真剣に下書きしたら膨大な量になったから手書きはきつい。データ入力でも数時間かかった。一通り入力したら印刷して、誤字等の確認。数枚出し直したけど、職場に捨てられないから持って帰ってきた。データも忘れずに自分のデスクトップに保管。

その後はそのまま病院に直行。近況は心理士が事前に伝えていて、1ヶ月休職の診断書を書いてもらったのに、主治医の対応がやけに冷たく感じた。手帳にログを残しながら理由を考えていたら、思い当たる節が1個あった。診察中に、「就労の可否を誰が判断するのか分からない」って言ったのが失言だった気がする。それを判断するのは主治医だし、今思えば普通に失礼。本当は今すぐにでも撤回したいけど、次の診察は1ヶ月後。吐き出すための心理相談も2週間後。引きずりたくはないけど、気づいてしまった以上、やっぱり引きずる。主治医からも、「そんなに簡単に休みもらえるんだ」みたいな発言があって、直後は親も主治医も、自分の仕事ぶりを見てないから、自分が甘えてるように感じるんじゃないか。そう思って少しだけ腹が立ったけど、今思えば、自分の発言に対する報復だったのではないかとさえ思う。些細な事で傷つきそうになる今のメンタルで、これ以上考えるのはリスクしかないからやめる。これを職場で発してたらアウトだったと思う。主治医には過去にも1回失言してるから、申し訳ない。今後はできれば気を使わずにその場で教えて欲しい。自分も引きずりたくないから。