ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📝復帰1年目を乗り越えた

今日は聴覚過敏が酷過ぎて、本気で午前中早退がよぎったけど、気付けば今日も乗り越えていて、振り返れば1年転ぶことなく無事スタート地点に戻ってこれた。朝すぐに、建物のどこかで鳴り響くiPhoneのアラームが、超耳障りで、初めて上司に聴覚過敏でSOS出した。音の発信源はあからさまに中なのに、上司は本気で外からじゃないかと思ったみたいで、一緒に外周歩いて戻ったら音が消えてて解決。そう思ったのに、今度は年度末の忙しなさで、自分の体調も今週ずっと優れないから、いろんなところで発生する作業音を、優秀過ぎる自分の耳が全部洩れなく拾っていく。聴覚過敏は昨日今日で始まった話ではなくて、赤ちゃんの泣き声とか車の走行音みたいに、仕事以外でも引っかかるけど我慢している。我慢できない程辛かったのは、年度末特有の慌ただしい空気感+αだったからだと思う。それでも10時30分くらいからは職場に静けさが戻ってきて、比例するように心も落ち着きを取り戻してきた。だから一件落着とはいかず、午後はこの忙しさの中で、自分はいつも通りだけど、さすがに上司も気が張ってて、珍しく突き放されて凹んだ。それでも優秀だからすぐに腕をつかんでくれたし、自分も今日までの信頼関係があったから、凹んだけど引きずらずに持ち直す事ができた。そんなこんなで終業の時間が近づいて、上司と二枚看板で支えてくれた所属長が勇退。同時に自分も復帰1年目を乗り越えた。さすがに今日は帰り道のほっともっとで、いつものから揚おかずのみより豪華な、プラスから揚おろしチキン竜田おかずのみを購入。まだ明日もあるけど、金曜日はほっともっとも混むから、1年を乗り越えた自分を、自分自身でささやかに祝いたい。この1年、本当に頑張ったと思う。そして、この1年が、今後類似ケースの成功例になればいいなと思う。今日は明日の事は考えずに、残り時間を楽しみたい。