ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

🚲21-1土湯温泉(ⅱ)/山水荘(ⅱ)

メンタル的に結構きていたときに、家族から温泉旅行を勧められて行ってきた。

旅行期間

2021.10.24(日)-2021.10.25(月)

day1

高速バスで福島まで行って、旅館の送迎で目的地に到着。山水荘は2回目の宿泊。前回同様、今回も温泉に浸かるだけ。1回目の温泉でマスク失った時は割と本気で焦ったけど、翌日のマスクを繰り越して対応。f:id:datu3daybouzu:20211103132649j:imagef:id:datu3daybouzu:20211103132647j:imageひとり旅初期の頃は夕食の1杯目に生ビールを頼んでたけど、今は湯上がり缶ビールを食前酒にして、最安値の地酒1合が主流。豪勢な旅館の料理を肴に1合飲み切るのが、程よく酔えるし、食後にもう1回温泉にも入れるから、自分にはちょうどいい。

夕食後フロントに貸切風呂の予約連絡。


f:id:datu3daybouzu:20211103133458j:image

f:id:datu3daybouzu:20211103133456j:image

最上階の8Fにある貸切露天風呂「星天の湯」。満点の星空を期待したけど叶わず。月とわずかな星を眺めながら、ひとり時間を堪能。大浴場の露天風呂は、他の利用者に遠慮してなかなかゆっくりできないから、自分のペースでゆったりできてよかった。

day2

f:id:datu3daybouzu:20211103134306j:image朝風呂の後はおかずいっぱいの朝ご飯。バイキングもいいけど、バランスよく食べられる御膳もいい。

f:id:datu3daybouzu:20211103134308j:image

旅館に泊まるときは、夕食前に1回、夕食後に1回、翌日の朝食前に1回と朝食後に1回の計4回は必ず温泉に入る。1番好きなのは朝食後の温泉。利用者が少なくてのんびりできるし、有給取って日月で行く事が多いから、皆が仕事してるのを想像しながら浸かる背徳感がたまらない。ひとり泊の旅館は割高だから、ビジネスホテルに泊まって、日帰り温泉とか公衆浴場を利用する方法もあるけど、自分は旅館の大きなお風呂が好きなのと、一押しのお風呂は宿泊客限定にしている旅館も少なくないから、高くても旅館に泊まりたい。温泉街で実施している湯めぐりは絶対利用するほど温泉が好き。だから飽きるまで温泉に浸かったこの2日間は最高だった。山水荘には館内湯めぐりできるほどお風呂があるけど、太子の湯が圧倒的1位。宿泊料金は16,650円。そこからじゃらんポイントとクーポンで2,500円割引して、お酒の値段を足して16,830円。自販機でお酒が買えなくなったのは不便だけど、売店購入代も宿泊料金にまとめてくれるのは、全部でいくら使ったのかわかりやすくて嬉しかった。