ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📝地獄の研修

この後の研修の事を思って、朝からずっと溜息ついてた。自閉全開で研修を受け、帰宅。行きも帰りも30分以上かけて研修会場まで歩いた。いい運動になったけど、いつものポロシャツではなく、研修仕様のワイシャツで臨んだから汗だくだく。昨日立てた予定どおり、1番乗りを狙って開始30分前には着いたのに、もっと早い人がいた。結果3着くらいだった気がする。でも全体で20人くらいいたのかな、結構人数いたから早乗りは功を奏した。休憩時間中は誰とも目を合わせなかったし、誰にも話しかけなかった。話しかけてくれた人が2人だけいたのに、素っ気ない対応を取ってしまった。同期とか職場外にも、自分が自閉症スペクトラムであることは広まってると思うけど、その境界線が謎。今日も自分と同じ職場の同期に自分の事を聞いてる同期がいて、普通にいい気はしない。耳と記憶力だけ無駄にいいのが悲しい。聞き耳立ててる訳じゃないのに、聞こえてしまう。何でみんな自分がいる空間で話すんだろう。普通の人には聞こえない距離なのかな。全部丸聞こえなんだけど。でも、発達障害を公表するうえで、噂が1人歩きするのは想定していたし、それを考慮した上での決断で、実際メリットの方が大きいから、ある程度は我慢しないと。自分が他の人にさして興味ないから、皆が何でそんなに興味津々なのか謎。自分について知って、何かメリットあるのか。聞きたいことがあるなら直接自分に聞けばいいのに。話しかけるなオーラはものすごく放っていたけど。

朝から溜息止まらなかったけど、実際にずっとしんどかった。講師の先生も何かを察したのか、自分が当てられることはなかったけど、受講生に振るのマジで止めてほしい。それからちょこちょこ入るグループディスカッション。あれが地獄じゃなかったら何なんだろう。今日が金曜日だったらいいのに、明日も仕事。正直今も心はざわついていて、前職の係長に唐突に声かけられた一昨日の方が、まだ安定していた。研修アンケートにも、正直に無意味の1に丸つけてしまった。加えて、強制研修の必要性を感じないとまで書いた。それから講師の悪口。Amazonで毎年100万円以上購入しているとか、自分の弟子が一流の就職先に就職しているとか、自分語りが多くて、偉そうな態度が癪だった。絶対受講生のこと下に見てるよ。いくら貰えるのか分からないけど、別の用途にお金使った方が絶対有意義だと思う。研修嫌いは社会人になってからずっと。発達障害だからっていうのはあると思う。そんな散々な1日だったのに、拍車をかけるように郵便受けに、NHKの衛星契約書在中書類が投函されてた。即NHKふれあいセンターに確認して、行き違いだっていうから破棄したけど、絶対確信犯でしょ。そのうちインターホンがなるかもしれないっていう余計な不安が出現するし。突撃訪問されても対応する気力ないし、居留守で不在票かなんか入ってたら、事情説明の連絡入れるのが一番いいかもしれない。