ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📝チキン南蛮定食を食べた。

海底に眠るドル札を拾ったり、得体の知れない飛び道具から身を守ったり、TVerで観てるゼロの影響を色濃く受けたと思われる夢で目覚めた今日は、有給取ったから1日休み。1人暮らししたての頃は毎日欠かさなかった朝の散歩も、最近はゴミ出す日に限られてきた。何でもそうだけど、毎日続けることがいかに大変か思い知らされる。とはいえ今日はプラごみの日だったからそのままウォーク&ジョグ。5時に起きて6時に家出たけど、30分は運動するから仕事ある日だと余裕がない。だから明日は5時45分には家を出ないと。

県民共済に解約の電話入れたり、NHKから解約の電話受けたり、郵便局でキャッシュカード再発行をしたりと、やりたかったことは全部やれた。転居してから漏れてた住所変更も済ませられたから嬉しい。

f:id:datu3daybouzu:20210927144731j:image

たまに食べたくなるチキン南蛮定食。750円と安くはないけどすごく美味しかった。午後は陽ざしを浴びながらベッドでのんびり。Spotifyで#気持ちのいい女たちを聴いたり、こないだ図書館で借りた夢をかなえるゾウ4を読み進めたりしながらまったり過ごした。

昨日も今日もなんだけど、働いている人を見るととにかく尊敬してしまう。自分はてきぱき仕事ができないし、受け答えもはっきりしてないから、ちゃんとしてるなと見るたび思う。そして結論の出ない、自分に適した仕事について思いを馳せる。合理的配慮を受けてまで働く価値が自分にあるのかとか、そもそも配慮があってもかなりしんどいとか。人と目を合わせるのは1秒が限界。いや、1秒も満たない気がする。人の目を見て話せる人は尊敬するけど、自分の目を見て話してくる人は正直苦手。毎日似たような内容なのは、毎日似たようなことで悩んでいるから。ひとりになってから家庭の悩みは消滅して、今は仕事のことだけひたすら悩んでいる。手帳取った方がいいのかとか、障害者枠の仕事だと給料はどれくらいで、どんな仕事内容なのかとか。今日みたいな毎日がずっと続けば、どれだけ心が軽くなるのか分からない。自分の場合、仕事したくない訳ではなくて、仕事に行きたくないの方が強い。家でできる仕事なら何でもいい訳でもなくて、手先を使う内職よりは、文章を書いたりデータ入力とか、単純作業系が理想。その反面1番心配なのが金銭面で、在宅ワークは副業的なイメージが強いから、それだけでは生きていけない気もする。明日もたぶん緊張は強いだろうけど、せめて吐かないように頑張りたい。