ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📝梨3個食べた。

今日は火曜日にもらった梨3個を朝、昼、夕に1個ずつ丸かじりで食べた。めちゃくちゃ梨が食べたかったというより、早く消費して目に入らないようにしたかった。こだわりなのかもしれないけど、自分が必要と認めた物以外空間に存在させたくない。こないだ実家からもらった韓国のり2パックと鮭フレークも、残り1パックと1/4まで消費した。料理をする意欲が湧かず、実家からもらった包丁は封を切ることなく返却したし、自分で買ったソースも実家に輸送した。家族だったらいらないものはいらないって言えるけど、それ以外は断れない。食べずに捨てる訳にもいかず、意地で食べた。梨自体は嫌いじゃないし美味しかったけど、正直もういらない。テレビも全く見ないから手放したいけど、たまにゲームやったりツタヤで借りてきた映画観たりするから、手放せないでいる。全く見ないテレビにNHK代年額13,650円払ったけど、そのお金でサブスク利用した方がよっぽど実用的。テレビをモニターに変えたら払わなくてもよくなるのかな。YouTubeTVerがあれば十分なんだけど。

図書館で予約していた「夢をかなえるゾウ4」を借りてきた。コロナ禍で不便に感じるのが、図書館を利用できないこと。ネットで予約貸出もいいけど、館内の陳列棚を眺めながら借りるのが楽しかったところもある。パンデミックの終息は心から願うけど、今の生活様式が自分には合ってるから、それがなくなってしまうのは悲しい。だから手放しで喜べない複雑な心境。図書館に寄った帰り、イオンで冷凍パスタとか洗濯用洗剤の詰め替えとか買ってきたけど、休日の日中というタイミングの悪さ。まとめ買いしたからカートを押しながらの買い物で、手にかご持っての買い物より少しは気が紛れた。手の位置が固定されていたからだと思う。人の目が気になるから、会計は一番端のレジで済ませた。大学生の頃は、レジに並ぶ事さえ苦痛で、なかなか会計済ませられなかったから、当時を思えば今はだいぶマシになった。夕食は昨日頓挫した唐揚げ弁当を買いに行こうと思っていたのに、割と大きな横断歩道を日が落ちる前に渡ることを想像して、冷凍パスタで妥協することにした。仕事終わりなら日が暗くなりかけの絶妙な時間だから、明日再チャレンジしてみようと思う。図書館で本借りるときに声出なかったし、明日の仕事大丈夫だろうか。最近電話口でもっと大きな声で話してほしいって言われることが増えてきた。自分の声量って自分では確認できないけど、思ってる以上に小さな声なんだと思う。声出さな過ぎて、相手に聞こえるように話すのは自分にとっての大声で疲れる。そのくせ性欲だけはめちゃくちゃあって、自分が気持ち悪い。