ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📝人を頼れない

今日は昼休みに心折れかけたけど、何とか持ちこたえて帰宅。何があったかというと、新規の人が関わる面談案件の受注。電話応対とか来客対応とか、人が関わる仕事が苦手っていうのは異動する前に所属長に伝えてある。それでも面談面接会議の同席は、基本自分から直属の上司にお願いが必要になる訳で、その上司も優しいから絶対に断らないけれど、他の人と同じように働けないのに、合理的配慮までしてもらって同じ給料もらってるのが申し訳なさ過ぎて沈んだ。人との絡みは避けられない仕事で、自分の持てる力以上を必要とする見合わない仕事。今は見合わせてる障害手帳の取得。障害年金もらいながら障害枠で働く未来を薄っすら想像した。地方だと求人も少ないから、貯金はあるし東京に行くのもありだなって割と本気で考えた。家賃高いから、今より快適な暮らしは望めないだろうけど、高望みしてる余裕もない。人と関わらずにできる仕事もあるけど、それで生活する自信も力もない。服薬とか努力で治る性質のものなら期待もできるけど、たぶん一生治らない。周りを頼ることができたら楽なんだろうと思う。最終的には頼らざるを得ないけど、遠慮するし人にお願いするとかそういう事が苦手だから辛いところ。今日もイオンでオールトップバリュ製品を購入。賞味期限近い納豆が半額になってて、1パックだけ半額買って、残り2パックは定額を買った。半額を3パック買ってく人もいたし、賞味期限なんて目安だからそんな気にしなくてもよかったなって買い物を終えた車の中で思った。玄関と下駄箱掃除用にノンアルコールのウェットティッシュ買ったけど、早くも失敗したっぽい。主に砂だから、玄関は箒、下駄箱は手で回収しちゃった方が早いことに帰宅後実際に使ってみて気付いた。いろいろありつつも、夜買い物に行くことを止めたら気楽になった。