ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📝夜間外出を止めた

気付くの遅すぎだろって話ではあるんだけど、夜半額弁当目当てに買い物に行くのを止めた。昨日一昨日と例のごとく20時30分過ぎたあたりに頃合いを見計らって最寄りのスーパーに行ってきたけど、半袖半ズボンサンダルが寒かったのと同時に、何でこんなことしてるんだろうという虚しさに襲われた。そして、夜間外出する必要性について一夜考えて、メリットないと判断。夜間外出を止めるに至った。決断を下した今日は、その代わりにカップ焼きそばとかレトルトカレーとか大好きなお菓子をある程度まとめ買いした。買い物先は最寄りのスーパーではなく、実家暮らしのとき足繁く通ったイオン。実家暮らしのときはお菓子と酒コーナーしか行かなかったけど、イオンの惣菜コーナー見たら、最寄りのスーパーと比べものにならない種類の多さに圧倒されたし衝撃受けた。ただ半額を求めて、選択肢が片手で収まる最寄りのスーパーに場合によっては20時30分過ぎるまで待機していたこれまでの日々は何だったのか。価格に関しても、250円切ることはないけど、18時前だけど値引きありで300円程度で買える弁当もあったし、何より弁当以外の惣菜が豊富過ぎた。行き慣れてるからか、人の目はそこまで気にならなかったけど、やっぱり緊張はしていて、レジ袋小と大を購入してしまった。緊張というか、小じゃなくて大に変更したいとすら言えないことに問題があるけど、3円5円の小さな話。仕事終わりの今日の買い物は、帰宅途中急に思い立ち実行したもの。これからはマイバッグ持参していこうと思う。日記書いてるうちに、お風呂の追い炊きも終わった。夜外出しないからマスクも捨てられた。夜半額弁当を買うという行為に囚われ過ぎてた。強迫性障害の診断は下りてないけど、休職中は毎日17時前には風呂に入っていた。意味はないのに同じ行為を変えられない。そんな自分にとって、夜間外出という反復行為を止める決断は、ものすごく大きな一歩。遅寝早起きの生活リズムも好転しそうな予感。