ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📝精神的支柱

精神的支柱 

今日はマジで疲れた。ストレスチェックの設問で見かける「へとへとだ」というやつ。朝から普段より緊張強めで、10時くらいから緊張は緩和されたもののひどく疲れた。体感昨日の5倍くらい職場の人との絡みが多かったってのも大きな要因ではあるけど、1番は心の支えになる存在の不在。パワプロでいう精神的支柱。今の自分にとっては直属の上司で、今日まで意識することはなかったけど、いるといないで精神的な安心感が全然違うっていうことに、今日気付いた。電話応対が苦手で、かかってくる電話は取るけど自分からかけるのが結構な重荷。今日絡んだ職場の人は隣の係なんだけど、電話をかけるよう促してきて、頑なに来週かけるって言ってたからだと思うけど、その理由を聞かれてさらっと上司の不在であることを伝えた。不用意に人を傷つけるのが怖い。だから自分の受け答えが問題ないかその上司が聞いてなくてもいいけど、いるところで電話をかけたい。実際に何て答えたかはっきりとは覚えてないけど、受け答えが不安だから上司がいるときにかけたいみたいな事を伝えた。上司がいるときにかけたいっていうのは言えたけど、受け答えが…の後は言葉に詰まって、相手が不安なんだねって補足してくれた。言葉がすぐに出ないっていうのは結構ある。ASDを公表してるから理解してもらえたけど、合理的配慮を行使したみたいで少しだけ自己嫌悪に陥った後、来週かけることに異常なまで頑なだったなと思い返して笑った。そこまで頑なだと、確かに理由気になるよね。自分を1番知ってる自分だからこそ、今日は帰宅後ヘトヘトになるなって、帰宅する前に分かった。人と絡む機会が普段より多かった日は疲労感半端ないから。そして職場でアイスの差し入れがあって、15時頃スーパーカップバニラ味を爆速で食べたけど、持って帰って食べるのが正解だった気もしなくもない。

サボらない

今週のお題「サボる」

ひとり暮らししてから、ブログ、ライフログ、日記に加え、朝のラジオ体操後の散歩、夜の軽い散歩兼買い出し、そして最近ではYouTubeの動画を観ながら腹筋も始めた。毎日続ける秘訣は、ルーティンにしてしまうこと。そしてルーティンにする方法は、ひとつひとつの動作に一連の流れを持たせること。自分の場合はラジオ体操→散歩、ブログ→ライフログ→日記、軽い散歩兼買い出し→腹筋。この作業をやった後にこれをやるっていう風に繋げると、自然と定着するんじゃないかな。「ぼくたちは習慣で、できている。/佐々木典士」の受け売りだけど。今思えばミニマリストでもある著者も、実は発達障害なんじゃないかと思う。そういう類の記載は一切ないけど、出版社勤務を経てフリーになり、規則正しすぎる生活を毎日送る。日中図書館に通うのが仕事っていうのが、脳裏に焼き付くほど羨ましかったし、今でも心底羨ましい。ひとりで静かな図書館で黙々と執筆?自分の理想的な働き方。

毎日続ける二つ目の方法はアプリで管理すること。「ぼくたちは習慣で、できている。」で、筆者が使用しているHabitfyというアプリを、高額支払ってプレミアムプラン使えるようにしたのに、自分に合わず習慣化もできず今では全く利用していない。その一方「継続」というアプリは今でも現役で使っていて、このアプリのおかげで出勤前の10分読書が習慣になった。それと併用しているのが純正アプリのリマインダー。数多存在する習慣アプリに埋もれて見落としがちだけど、一番シンプルで使い勝手もいい。ほかのアプリと違い記録することはできないけど、いつやったかより毎日やる方が大事だと考えるようになった。使い方はやることを書いて時間を設定するだけ。繰り返し機能もあるけど、実行済みリマインダーとして残したくなくて、自分は手動で上書き更新してる。大切なポイントは通知をオンにすること。アイコンにある数字をなくしたくて、それがタスク実行の原動力になってる。

ブログ探し

はてなブログにはグループというのがあって、無料プランの自分は3つまで参加可能。映画カテゴリで「映画」、本カテゴリで「読書」、日記カテゴリで「雑談」に参加していたけど、日記カテゴリのグループを「発達障害」に変更した。雑談って範囲が広すぎてグループに所属してないのと変わらないなって思ったのと、自分自身発達障害当事者のブログが読みたくて、探すときに利用したりしてるから。発達障害当事者のブログって、検索窓に打ち込んだだけでは全然見つからないから、読みたいのに探すのが大変。上の方にヒットするのは、発達障害を持つ親の子育てブログで、上位にヒットするっていうことはそっちの方が需要あるのかもしれないけど、自分としては同じように働いてる当事者自身のブログを読みたい。