ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📝最高のニトリ体験

1.うっかりミス

今日は大雨が降る中、苦手な車を運転してニトリで注文していた商品を受け取ってきた。本当は仕事終わりに直で寄る予定が、肝心の受取書を自宅に忘れて、一時帰宅後の再出発。少し前には父親にマイナンバーカードの住所書き換えお願いするために、必要な書類を持っていたのに肝心のマイナンバーカードを忘れるという類似事件があった。仕事でもプライベートでもうっかりミスが少なくない。

ADHDの診断は下りてないけど、知能検査の凹凸も激しいし、ADHDもあるとは思う。

2.最高のニトリ体験

今日ニトリで受け取ったのは20Lゴミ箱とラック専用の板2枚。ゴミ箱は30Lから20Lへの買い替え。自治体指定のゴミ袋が30Lだったからゴミ箱も30L買ったのに、袋かけるところにスッポリ収まらないのが気になり始めて止まらなくなったのが原因。缶びんペットボトル用の簡易ゴミ箱と奥行きが同じで、ルンバも掃除しやすそうだし、台所のスペースも広くなった。買い物の失敗事項にはなったものの、買い替えてよかった。炊飯器とケトルを置いてる1番上と、オーブントースターを置いてる2番目に設置したラック用の板も、専用のやつだから満足。購入した最安のランドリーバックも、洗濯機ラックに大きさが適当で、今日は珍しく買ったもの全てに満足した買い物。店内も平日の夜で大雨のせいか客はまばらで、最高にゆったり買い物できた。

3.こだわりの強さ

しいていえば、ニトリに行く前に寄ったマクドナルドで注文したポテトL。クーポン使って190円で購入したのはいいんだけど、まだ食べてないからどんどんしなっていってるのが気がかり。今すぐ食べればいいだけの話なのに、ブログ書いて買い物行って風呂入って夕食の、一連の流れは変えたくない。コミュニケーションの難だけは診断受ける前からものすごく自覚あったけど、今日のブログを書いてて、こだわりの強さもあるなって思った。対人関係と違って、こだわりが強くてもそれが障害にならないから問題ないっちゃないんだけど、それはひとり暮らしだからであって、家族と同居するのが辛かったのは、社交不安障害だけじゃなくて、このこだわりの強さもあったかもしれないなって、今気付いた。確かに実家だと、夕食は別に食べてたけど時間はある程度固定されるし、自分が思うように生活したいっていう不満は日々あったから。

4.3 good things

いつもと同じように、ネガティブな内容になってしまったけど、ジブン手帳で毎日続けてる3 good thingsを先出で公開。一つ目は仕事に行けたこと。休職の経験を経てから、仕事に行くだけで自分を褒めるようになった。だからこの、「仕事に行けた」は平日は毎日1番に上げてるよかったこと。そして二つ目がニトリで受け取った商品が全部当たりだったこと。最後の三つ目が、帰りのラジオで佐久間宣行とアルピー平子の生出演を聞けたこと。通勤帰宅時はいつも地元のFMラジオ流してて、それが大好きな時間だったりするんだけど、今日はそこに大好きな佐久間宣行がしかも生。途中で家に着いて、買ったもの配置とかして、スマホでラジオ流したらもう帰った後だった。そして序盤の方ラジオ聴きながら書いてたけど集中できなくて止めた。運転しながらのラジオはすーっと入ってくるのに、文章書きながらのラジオは雑音でしかなかった。