ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📝土曜日のツタヤ

手帳タイムに流したドリカム。1曲目の「朝がまた来る」が心に響いた。そして今は「何度でも」。ドリカムの前向きな歌詞が沈んだ心に沁み込んでいく。音楽には現在進行形で助けられてるけど、休職中もすごく救われた。休職中は空いてる金曜日のツタヤで快適に物色してたけど、今日から土曜日。何か月ぶりだろう。駐車場の混雑、店内の人の多さ。DVDの狭い通路にも人がいて、久しぶりに借りたいジャンルじゃなく人がいない通路で借りたいDVDを探した。午後は日課のゲームを消化しつつ読書。なかなか「虹を待つ彼女」が読み終わらない。それでも終盤まで読み進めたから、今日中には読み終えたいところ。マイナス思考が止まらず、今日も元気がでなかったけど、そもそも元気な日が自分にあっただろうか。日曜日のバレンタインデーは、学生時代だったら歓喜