ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📕21-7ぼくはアスペルガーなお医者さん/畠山昌樹

f:id:datu3daybouzu:20210117163126j:image

191p.

アスペルガーのタイプが違うというのもあるけど、この人は立場がかけ離れすぎて全く参考にならなかった。アスペルガーに向いてる仕事として挙げているものも、自分が医者だからかネットと同じ。自分は絶対無理だけど、アスペルガーだからといって全ての接客業が向いていない訳ではないという意見には賛成。「コンビニ人間」のやばい主人公も、コンビニの仕事は完璧にこなしていたから。仕事は、自分の特性を生かせる向いている仕事に就くのが一番だけど、それができないなら障害をオープンにして、障害者枠のある会社を探すのが現実的だなって思った。共感を求めでないで欲しいというのはめちゃくちゃ分かる。人の悪口聞かされるのとか超苦手。クレヨンしんちゃんの登場人物を発達障害目線で見るのは印象的だった。

自分の特性はアスペルガーWikipediaに書いてあるから理解できるんだけど、じゃあどうすれば働ける?って問いに明確な回答が作れずにいる。その回答のヒントを得るために関連本読み漁ったけど、共感だけで打開策は見つからず。お手上げだから考えるのはもう止めた。正直働きながら探っていくしかない。あと数冊読んだら、とりあえず小説読みたい。