ツタヤな日々

ツタヤな日々2

基本インドア、たまにアウトドア。

🎥20-86旅のおわり世界のはじまり

f:id:datu3daybouzu:20201205125956j:image

120m.

期待していた明るいロードムービーとは違ったけど、前向きな終わり方でよかった。映画とはいえ、ひとりでウズベキスタンを歩く前田敦子に感服。バザールで客引きから逃亡したり、男性の集団がたむろする地下道を速足で通り過ぎたり。言葉の通じない異国をひとりで歩く不安とか恐怖心が画面越しに伝わってきた。その一方で、興味本位で行きたいところに割とぐいぐい行くところが好き。自分は原宿の竹下通りだってひとりで歩けない。テレビには映らない黒人の客引きがいる場所があって、当然のように話しかけてきたんだけど、マジで怖かった。たぶん今日も立ってると思う。印象に残ったのは、地元の小さな遊園地でレトロな絶叫マシンに三連続で挑むシーン。替え玉がやってるのかと思ったら、本当に前田敦子でびっくり。加瀬亮も1回やるんだけど、男の叫び声がえげつない。自分も長崎のハウステンボスで、最初で最後のバンジージャンプをやったけど、自分の声とは思えない野太い声が腹から出た。絶叫は、心の叫びだと思った。