ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📝1日の採点

休職してから、自分の感情にブレーキをかけていることに気付いた。たとえば今日。YouTubeで宮迫の日本一のハイボールを飲みに行く動画を見て、飲みたくなったハイボールを片手に家族で昼マック。その瞬間を振り返れば間違いなく楽しかったし、至福の時間だったはずなのに、今日1日で振り返ると、今日は楽しかったって自信をもって思えない。ここのところずっと頭上に重たい石がのしかかってる感覚。いいことも悪いことも起こってない素の状態で、直立ではなく視線は斜め下。これからに対する不安で押しつぶされそうになったり、急に過去を思い返して落ち込んだりすることはしょっちゅう。精神が安定しないのが常で、どうしても1日単位で振り返ると、楽しかったって思える日がない。それに加えて、休んでるこの状況で楽しんじゃいけないと自制してる部分も少ならからずあることにライフログつけてて気付いた。そもそも1日の気分をいい、普通、悪いの3段階でつけるのがよくない気もする。1日を採点しないでそこは空白にして、楽しかったとか悲しかったとかは、瞬間的に記録するにとどめたほうがいいのかもしれない。

今日は「のだめカンタービレ」を読み終えて、「よふかしのうた」を読み始めた。3巻まで読んで、残りは4巻だけだから今日明日中には読み終わりそう。狙った訳じゃないのに主人公が不登校という。暗い理由ではないし、期待どおり面白いけど。シャドバでグラマスに到達してから、せっかく自由に使える時間が増えたのに、上手く使いこなせない。スプラトゥーンやるためにニンテンドーオンラインにも加入したのに。来週中にはウデマエXにとりかかりたい。