ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📕20-39好きなものを「推す」だけ。/Jini★★★

f:id:datu3daybouzu:20201009124502j:image

blog.hatenablog.com

一時期熱中して読んでいた「ゲーマー日日新聞」の著者が本を出したって知って、速攻で借りてきた。この本を仕入れてくれた図書館に感謝。プラチナ本確定。

arcadia11.hatenablog.com

【この本のよかったところ】

・紹介されている文章術のほとんどが即戦力で使える。

・豆知識やエピソードが豊富で、知識が増えた。

・読みやすいので、読んでて楽しい。

【この本の印象に残ったところ】

・文章力とはインプット力。p201ℓ9

→これほど読みやすい文章術の本を読んだことがない。端々にでてくる引用、豆知識、エピソードの数々から、多くの作品に触れてきたことが伝わってくる。「ブログ飯」よりこの本に好感が持てるのは、著者がお金を稼ぐためにブログを書いていないからだと思う。タイトルにあるように、好きなものを「推す」ためだけに書く。

・そもそもブログは自分が何かを伝えたり、表現したいために作るものであって、資金を作ることを目的としたツールではない。p.208ℓ10

→「ブログ飯」を始め、収益を得ることを目的にブログを始める人が増え、ブログは歪み、衰退していったと語る著者。確かに今はAmazonとかサブスクのリンク貼ってないブログの方が珍しい。文章を書きたい人がブログではなくnoteを始めるのも分かる。

・誰に対して推すかではなく、自分に対してどう推すか。自分を納得させる文章を心がける。p.183ℓ12

→身近な人に推す書き方を推奨していた「ブログ飯」と違うもう一つの視点。他人ではなく、自分が惹かれるかどうかを意識。

・誤字が気になる。

→×資格情報〇視覚情報p.177ℓ8

ここ最近読書量が増えて、この本に限らず誤字を見かける機会が増えた。あったとしても1冊の中に1箇所だけど気になる。最初から最後まで目を通せば気付くはずなのになっていつも思う。