ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📕20-34御不浄バトル/羽田圭介★★★

f:id:datu3daybouzu:20200925154224j:image

排泄という行為を文字にすると、こんなにも生々しくなるものなのか。常連メンバーで繰り広げられる平日朝8時のトイレ争奪戦。たった2席の個室を奪いあう。人で溢れかえる駅構内のトイレではなく、駅ビル内の綺麗で静かなトイレというのが妙に現実的。地方在住だと人が少ないし、そもそも通勤が車だったりするから目にしない光景だけど、中学の修学旅行、通勤ラッシュの東京駅で大待ちしてた同級生が、大人げなく後からきた会社員に先越されたのを今でも覚えてる。職場で食事をとらない先輩同僚を気遣って、やむを得ず中で食べるときはトイレで食べる主人公。これだけ書くと繊細で優しそうに見えなくもないけど、実態はトイレに行くときは業務中だし、トイレに行く頻度が多いのを怪しまれないように、職場のお茶を便秘解消健康茶にすり替えるような奴。ただ、トイレに自分好みの芳香剤を置いちゃうところとか、咀嚼音を立てずに食材を味わってトイレ飯が出来るところとか、憎めない奴でもある。体感だと物語の半分はトイレの個室の中。これがタイトルの御不浄バトルで、荒野のサクセスは読後感の心地よい短編。

ja.wikipedia.org