ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📚20-360ダイヤのA/16巻★★'18m.

f:id:datu3daybouzu:20200925155922j:image

・仙泉学園との準決。ここで青道が負ける訳もなく、8-3で勝利し3年振りの決勝進出を決める。

・とは言っても危ない場面がなかった訳ではなく、沢村の登板仕立て、6回裏1アウト2、3塁のピンチ。相手のエース真木から強烈な(a)で三振を奪ったのが大きい。結局この回1失点でしのいだ。

・もう一つの準決は、優勝候補本命の稲城実業対、唯一の都立校桜沢。

・選手の実力は圧倒的に稲実が上。桜沢がここまで勝ち進んでこれたのは、エースの魔球(b)を駆使した相手の自滅によるもの。

・稲実にはそれが通用しない。むしろエース成宮が相手に絶望を与える。投手戦で進んできた試合も、1点も失えないという恐怖心から、4回表、桜沢が立て続けにミス。

・ノーアウト2、3塁のチャンスを稲実の4番原田が確実にものにし、3ランホームランを放つ。

a.クロスファイヤー、b.ナックルボール

どんなに耐えても春が来ない。耐えられないよ、そんなの。