ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

🎥20-54こんな夜更けにバナナかよ★★

f:id:datu3daybouzu:20200921174645j:image

借りる予定なかったんだけど、三浦春馬主演に惹かれてつい借りてしまった。近所のツタヤでも横並べにして目につくように置いてたから、プッシュしてるのかも。

筋ジストロフィーの34歳が主人公。病院嫌いで自宅で療養。身の回りの事が自分で出来ないから、ボランティアの人が協力して世話してる。この主人公はとにかくわがままで、夜中にバナナを買いに行かせたり。何様?って口に出そうになったのを高畑充希が代弁してくれる。障がい者だからって何したって許される訳じゃない。そのまま去ってしまった高畑に主人公が後日手紙で謝る。そこから主従だった関係が対等な関係になっていくんだけど、これは映画だから。

愛しき実話。高畑演じた安堂は実在したのだろうか。「俺がわがままにふるまってるのは、生きることが人に迷惑をかけることだって教えるため」みたいな発言。マジで何言ってるのか分からなかったんだけど、こんな人に安堂みたいな人現れる?鹿野が幸せそうであることを理由にボランティア辞めた人の気持ちが痛いほど分かる。それでも演じてるのが大泉洋だから嫌いになれないけどね。

母親に対する鹿野の手紙。

愛情は痛いほど沁みていたのに拒絶してごめん。でもそれが僕の生き方だった。