ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚20-301左ききのエレン/10巻★★+'51m.

f:id:datu3daybouzu:20200822120052j:image

付き添いくらいの感覚で行って、先輩が連絡もなしに来なくて。しかも自分はど新人。つい最近研修終わったレベル。それで初めての撮影の現場を任される。自分より年上で経験も長い人達が、自分に確認を求めてくる。自分だったらその現場を乗り切れるだろうか、いや不可能だ。先輩が到着するまで待ってもらう。でも現場はピリピリした最悪の雰囲気になる。ここでの正解は先輩の上司であるチーフディレクター。係長に相談する事。立ち上がった凡人朝倉は、自力で解決しようと奮闘するんだけど。この上司がいい奴なんだよ。実写化するならリリーフランキー。この人以上の適任いないってくらいハマり役だと思うんだけど。忙しくても飯は食えとか、定時で帰ることを目標にしろとか、すごく優しい。こういう上司の下で働きたかった。