ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

📕20-17 10年後の仕事図鑑/堀江貴文、落合陽一★★

f:id:datu3daybouzu:20200818160130j:image

2020.8.18(火)-8.19(水)【2日】

確かにこの2人は人生の成功者かもしれない。だけど、イシイのおべんとクンミートボール6個で、泣きながら白飯7杯食べる方法は知らないんだろうな、きっと。

内容は8割7分くらい頭に入ってこなかったけど、言いたいことは何となくわかった。少し前にキングコング西野の「革命のファンファーレ」を読んでたのが大きい。お金と信用の話なんてかなり被ってる。進研ゼミを始めてテストが解けるようになった主人公の気持ちが分かる。

高給で働く能力のある人だけが高級取りとして働き、その能力がない人は国からお金をもらって好きなことをして生きていくことが、これからの日本社会がよりよくなっていく道だ。

堀江貴文が語る未来が、まんま「終末のハーレム」のイントロでさすがに笑った。

もう一人の著者、落合陽一が古市憲寿と被るのは置いといて、学生の「自分が何をしたいのかわからない」という質問に対し、「夕飯を決めよう」っていうのがいい。そこから思考が広がっていくから。脳を休ませたいときに「ドラクエ」でひたすらスライムを倒すっていう記述があるんだけど、これなんだよね。古市憲寿情熱大陸で、寝落ちするまで3DSドラクエやってたから。

未来のために「遊びのプロになれ(堀江)」、「仕事になる趣味を3つ持て(落合)」。