ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚20-263ミステリと言う勿れ/5巻★★★

f:id:datu3daybouzu:20200725110707j:image

53m.

感想

久々に読んだけど、最高に面白い。この漫画は「月刊フラワーズ」っていう女性向け漫画雑誌で連載されてる作品(Wikipediaより)なんだけど、ツタヤで男も手に取りやすいところに置いてあったから出会えた。読んでみたいと思ってる鬼滅の刃もそうだけど、面白い漫画は性別関係なく読みたくなるもの。ツタヤの陳列に感謝。

さて、本作の主人公である久能整は、心理学を専攻する大学2年生。小学校教師になるのが夢でカレーが大好きなアフロの彼は、知識豊富でよく喋るのに友達がいない。その理由がよく分かる。傍目から見てる分には面白いけど、友達にはなりたくないタイプ。

シャチは鯨の子の下顎しか食べないとか、身動き取れない状態で足の裏に塩付けてヤギに舐めさせる拷問の話とか、唆られるけど吐きそうになるウンチクをするところとか。

休職中の自分に、課長が「嫌われる勇気」を課題図書として出してくれたんだけど、内容が難しい。久能の感想を聞きたい。

作中に登場した映画

ビリーブ 未来への大逆転

バックドラフト