ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

🎥20-28キングダム★★★

助演の存在感。

f:id:datu3daybouzu:20200705111620j:image

134m.

感想

アクタージュっていう、俳優に焦点を当てた漫画があるんだけど、その主人公は存在感が強すぎて他の演者を喰ってしまうんだよ。演者を喰うことの意味がこの映画で分かった。要するに嬴政役の吉沢亮の演技が主役の山崎賢人の存在感が薄れてしまうほど凄かったってこと。映画のポスターで、山崎賢人じゃなく吉沢亮が中心にいて何の違和感もない。むしろ山崎賢人の主役扱いに対して違和感あるくらい。それと王騎。大沢たかお?って思ったけど意外とハマってた。まぁ今回は、兄弟喧嘩っていうどうしても政に光が当たりがちな物語だったっていうのもあるけど、それでもやっぱり凄かった。これを観た後だと、吉沢亮意外のキャスティングが想像できないもん。個人的には壁がよかった。原作よりイケメンだったな。河了貂も。この時はまだ男って思ってる時期なんだけども。

敵キャラだと、残虐が酷すぎて追放された元将軍左慈ONE PIECEの雨のシリュウとか、ダークサイドに堕ちた有能キャラが好き。