ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚20-184賭博破戒録カイジ/13巻(終)★★★

f:id:datu3daybouzu:20200531103204j:image

20m.

あらすじ

もうこの裏表紙がネタバレなんだけどもね。すっかり忘れていたあの男、坂崎。坂崎が会社の金庫から拝借してきたお金2,000万円で再延長。量打てば勝てる。そして「沼」を圧死させ7億2910万円の大勝利。勝利の美酒に酔いしれる。やっぱりあの男、遠藤は憎めない奴。途中でカイジに貸した1,000万円の金利がエラいことになっていて、実質的な取り分は6,000万。遠藤はもういないし、カイジに取り分要求されるのを恐れた坂崎も長居せずトンズラ。

カイジはそのお金で45組5人を救い、残ったお金で、他の5人の了承を得て、石田も救う。6人が地上に出たことを喜び飲食店で焼肉を食うなか、その様子を遠巻きに見つめるカイジ。なぜ合流しないのか聞かれたカイジは金がないからと回答。手持ち金10万円はパチンコで擦ったとのこと。見かねた黒服がカイジに3万円を渡し、合流を促す。遅れてきた主役に、皆で喜びを共有し、第3章「希望の沼」エンド。