ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚20-175 100万円の女たち/2巻★★★

f:id:datu3daybouzu:20200523185709j:image

20m.

あらすじ

部屋に行ったら裸の女子高生鈴村みどりがいた。でも道間もいい奴だよ。でもなぜかムッとする塚本ひとみがいたり。

道間の父親は死刑囚なんだけど、家族も許さない人がいる一方、家族を支援する団体らしき人もきたって現実でもそういうのありそう。宗教関係のさ。この巻ではどういういきさつで女性たちが同居するようになったのか、そのいきさつが描かれる。どうやら道間から招待状が届いたらしいけど、道間に覚えはなく。じゃあ誰がその招待状を送ったのかっていう事だけど。女子高生が毎月100万円払える理由は、たまたま買った宝くじで10億円当たったから。施設育ちで両親はおらず、未成年は当選金受け取るのに保証人が必要なんだと。それを同じ施設出身の26歳に頼み、口止め料で1,000万渡したにも関わらず、ちょくちょくたかられるみどり。悩みを同居人の小林佑希に相談したところ、同居人の白川美波が適任だと助言を受ける。そして相談し、たかりに来る男を車で轢く。死んだらどうするのかと慌てふためくみどりに対し、別にいいじゃないと即答。

・・・年間、日本で何人の人間が行方不明になってるか知ってる?

およそ10万人よ・・・

おそろしい。ちなみに白川は芸能人の売春をあっせんしてる。

そして大物女優であり同居人の開く菜々花は招待状の送り主が分かったと道間に伝える。

感想

4巻で完結なのが分かってるからこそ、先が気になる。1巻1巻がものすごい情報量で進んでいく。月500万円で週2で高級ソープに行く生活。小説家兼家政婦的な。