ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚20-112約束のネバーランド/17巻

王都決戦。

f:id:datu3daybouzu:20200322102538j:image

感想

鬼滅の刃ばかり注目されてるけど、もう一つのVS鬼、約ネバも忘れてはいけない。ここ最近奮わなかったけど、何これ久々に面白い。あれか、ゴールデンポンド編以来。ノーマンが変わり過ぎて、もはやどっちが鬼かわからない。敵は鬼。揺るがなかった共通認識が揺れ動いてく。同族殺しの人間が〆る。読み応えしかない。

あらすじ

ノーマンの指示に従い、ムジカとソンジュを殺害するため密かに動いていた別動隊。二人に遭遇したことで姿を現すも、予想以上の戦闘能力の高さに圧倒される。そして襲ってきた人間の治療を行うムジカのやさしさに触れ、完全降伏。ノーマンの王都鬼全滅作戦を阻止するため王都へ急ぐ。

一方約束を結び終えたエマとレイも、ノーマンに交渉相手の鬼を殺させないため王都へと急ぐ。

ついに迎えた儀祭。ノーマンは計画通り、王都を追い出され野良にされたギーマンに、現五摂家を皆殺しさせる。そして残すは女王。全力で復讐に挑むギーマンも一歩及ばず。

ほれ見よギーラン

義が勝つとは限らぬのよ 

女王がぶった切ったギーランの頭を持って、女王に殺された仲間の死体を見せるシーン。胴体から切り離されても死なない鬼もスゲーんだけどさ。自分の中での約ネバ名言入り確定。

その後、ノーマンら人間が登場。激戦により体力消耗された女王を殺害。残るはあと2匹。

エマ達が王都の城に辿りつくも、終戦後。

残念

間に合わなかったね エマ

どうなる次巻。

評価

★★★