ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚20-103ハレ婚。/2巻

ハレ婚生活。

f:id:datu3daybouzu:20200314181204j:image

感想

小春が望んでいたという普通の結婚。それに対する龍之介の

その"フツー"の夫婦って・・・・

どの程度まともに夫婦やれてるんだろうねぇ

刺さるなー。明るみに出ない不倫。風俗は。どこまでがよくて駄目なのか。夫婦仲がいいのは当たり前じゃないのか。とりあえず彼女欲しい。

あらすじ

4人で結婚式を挙げる事に。龍之介は家族がいないとの事で1人で参加。因みに第一妻ゆず(26歳)の父親は、ハレ婚を実験導入した父。美人でアンニュイな第二妻まどか(21歳)は小春より年下。2人の両親が顔を揃える中、結婚に反対した父親と、中立的な母親は来ず。義父2人の間を歩くヴァージンロードで、ハレ婚生活がスタート。

豪邸を売って市から支給されたのはボロい古民家。そこで龍之介が夜な夜な部屋を回るというね。

龍之介のおかげで差押さえを免れた自営の喫茶で、美味しい珈琲を入れられるように勉強しようと心を入れ替える小春であった。

評価

★★