ツタヤな日々

ツタヤな日々2

基本インドア、たまにアウトドア。

📚20-92鋼の錬金術師/20巻

中央の闇。

f:id:datu3daybouzu:20200314085701j:image

感想

ザンパノには騙された。まさか敵に寝返った芝居だったとは。そしてドラクマ戦が秒でブリッグズに軍配。裏切られた。

要点整理

・エンヴィー撃破(本体の小さな虫の姿に)

→中の虫に唆されメイ・チャンは虫とともに中央へ

ドラクマ戦は秒でブリッグズが勝利

・グリード(リン)がエドの仲間に

・アルが父の秘密を知る

・約束の日待ち

あらすじ

ドラクマ戦に秒で勝利して、キンブリーは賢者の石を使い敵国逃亡。

Dr.マルコーらはエンヴィーを倒す。

人の命を犠牲に賢者の石を作ってきたと煽るエンヴィーに対し、

作り方を知っているという事は

壊し方も知っているという事だ‼︎!

というマルコーにグッときた。

その後アームストロング少将は大総統の手の者と共に中央地下へ。

国家錬金法の三大制限

金を作るな

人を作るな

軍に逆らうな

軍に逆らうなは言わずもがな。金を作るなは経済の混乱を避けるため。

では「人を作るな」は?

なぜ人を作る事を禁止している?

倫理的にタブーと答えた少将に対し、

個人が強力な軍隊を持たぬようにするためだ

と回答。フィクションと一蹴できないリアルさを感じる回答。

軍は地下に軍隊用の人形を大量に準備。魂はこれから用意するとの事。人形でよかったよ。

そしてグリードは自分が入る前の記憶がある事に怒り、ブラッドレイと交戦。行き場所なくブラッドレイから逃れた先でエドと遭遇。仲間になる。

そして皆それぞれの場所で約束の日を待つ。

評価

★★