ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚50-57監獄学園/11巻

精神崩壊。

f:id:datu3daybouzu:20200201171507j:image

あらすじ

小学生時代、芽衣子が万里を土下座させようとしたケイトに対し手をあげようとした芽衣子を万里が阻止。これが芽衣子と万里が今の関係に至る過去。

そして現在。表生徒会による陰湿な芽衣子狙いの雑務。烏の雛がいる事を知らせず、枯れ木を燃やし処分するよう指示する表生徒会。素直に従った芽衣子は枯れ木だけでなく、近くの木にいた雛も焼いてしまった。

実際は生徒会室に避難してある事を知らない芽衣子は、精神不安定から小学生時代の芽衣子に逆戻り。千代から一連の騒動は生徒会の策略である事を聞いたキヨシ。他の男子に協力を求めるも、間違ったキスの方法を教え絶好状態のシンゴ、ガクトの恋の成就のため、BLごっこに励むガクトとジョー、裏副会長の性格が一変した事に失意のアンドレから協力を得られず。証拠を掴むため、ひとりで生徒会室に突入するも、全て見破られ、模範囚である事から監獄を出た花に変わり囚人となる。

次巻、女2人に男1人。何だか危ない予感。

感想

どうなる芽衣子。

評価

★★(→)