ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚20-54鋼の錬金術師/10巻

東へ。

f:id:datu3daybouzu:20200201123918j:image

あらすじ

グラトニーに襲われてた部下を間一髪阻止したマスタリング。そしてバリーザチョッパーの肉体が魂に追われ逃走開始。後を追う。残ったリン・ヤオ達がエンヴィ、グラトニーと応戦。エンヴィはこいつら食べていい?と尋ねるグラトニーに対し

いや

飲んでいいよ

と返答。何やら奥義を繰り出そうとしたところで、エンヴィ達の脳内にプライドが語りかけ、戦闘中止。

一方、バリーザチョッパーの肉体を追っていたマスタリング達は、第三研究所に突入。そこにいたラストに、マスタリングとハボックで応戦するも、ハボックが致命傷を追う。そしてアルと一緒に行動していたホークアイも絶対絶命のピンチを迎えた最中、マスタリングが救い、ラストを焼き殺す。

その後一命を取り留めたハボックは両足を失い、軍官引退を表明。

エドはアームストロングとともに東を目指す。そしてクセルクセス遺跡で、殺害されたはずのマリア・ロスと再会。西の賢者についての話を聞く。別れたのち、イシュヴァール人と遭遇。医者だったウィンリィの両親が治療したイシュヴァール人に殺された事を知る。感謝と謝罪を伝えて欲しいと言われたエドは、リバプールに戻り墓参り。そこで父と会う。

感想

マリア・ロスが生きていた事も予想通り。広大になってきた。

評価

★★(↓)