ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚19-330彼女、お借りします/11巻

レモンでもイチゴでもないお酒の味。

f:id:datu3daybouzu:20191201143958j:image

評価

☆☆(→)

あらすじ

前巻は和也ではなく、千鶴の誕生日会。千鶴の祖母の不調で、遅れて合流した千鶴も、礼儀正しく、和也の祖母の亡き夫が眠る仏壇にきちんと挨拶をしたり、飲んだコップの口紅を拭ったり、かなり評価高し。飲んでるのも日本酒で、それに比べて自分はジュース、口紅はそのまま、仏壇なんて気付きもしなかったと恥ずかしくなったるかはトイレでキスをする。千鶴の祖母が倒れた事で、誕生日会は終了。和也の祖母は千鶴に指輪を託す。

そして後日、るかは和也に休戦を告げる。

それで、千鶴は和也に墨とのデート練習を依頼。和也は墨と品川で制服(墨のみ)水族館デートを満喫。次巻はずぶ濡れになりそうなイルカショー。

感想

何これただのモテキじゃん。