ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚19-305マギ/35巻

上下左右。

f:id:datu3daybouzu:20191116140958j:image

評価

☆☆(→)

あらすじ

独りよがりな絶対王シンドバッド。ルフの書き換えからこぼれ落ち、聖宮へやってきたアラジン達に7つの試練を課す。タイムリミットは日が暮れるまで。

1つ目はジュダルが攻略。

そして2つ目のブァレフォールは練白龍が挑む。

汝に問う。

理不尽な世界では何を疑い何を信ずるべきか?

練白龍の回答。

己以外の存在を信じろ。

なぜなら正しさとは、生きている間に何度も変化するからだ。

難儀なことにな…

あれここは学校?

倫理の授業か何か。

そのまま次はアラジンが第三の迷宮「ゼパル」に挑み、同時にアリババは第四の迷宮へ。

そこでシンドバッドがお決まりの迷宮紹介をしている最中、アリババがぶった斬る。

日も暮れてきて時間もないから、俺の意見聞いて!そこにはアラジンもいなきゃダメ!といい、7つの試練中断。

今後について話し合う。

シンドバッドは、上下の撤廃、アラジンは左右の撤廃を主張。

それに対し、アリババは上下左右の撤廃を主張。

皆で話し合う中で、シンドバッドが最善策を思いつく。

感想

深い。