ツタヤな日々

ツタヤな日々2

基本インドア、たまにアウトドア。

📚19-281グラゼニ/14巻

契約更改。

f:id:datu3daybouzu:20191027151021j:image

評価

☆☆☆(↑)

あらすじ

監督目線のクライマックスシリーズ。2連続最下位からの北王子新監督はペナント3位でCS進出を決めた。

だけどここからが良くない。チーム事情的に表のヘッドと裏のヘッドがいて、裏のヘッドを優先して惨敗。勝負師としてダメだと泣く北王子に対し、勝負は確率50%。来シーズンはもう始まってるぞと優しすぎる表のヘッドの言葉が沁みる。

そして予想通りの契約更改。リーグ優勝するも日本シリーズに進出出来なかったスパイダース。昨シーズンと違い、個々の個人成績がかなり優秀ということで、予算2億の契約更改に四苦八苦。丸金始め、VIP5人は大盤振る舞いを受けるも、VIPに選ばれなかった凡田は、上がりはするも予想を遥かに下回る金額を提示される。

契約更改は保留を繰り返し、3度目の契約更改で丸金に対する恨み節が出てしまう。

相談出来る相手がいなかった凡田は、かつての後輩持田に相談。持田を通じてダーティ桜塚と再会。お金の話になる。

こんなスゴイ成績を上げた人を

スパイダースは7千900万ぽっちで再契約しようとした

 

言い方がキツイのでショックを受けないでほしいのだが・・・

"僕の感覚"を言わしてもらうと・・・

君ほどの人がこんな金額で契約するのは・・・

 

ハッキリ言って・・・

バカ・・・

 

そして凡田にポスティングを希望するよう提案。

凡田はダーティ桜塚が言ったからではなく、ポスティングをちらつかせれば金額が上がるかもしれないと思い、ポスティングを宣言。

ポスティングをした事のないスパイダースは慌てふためくのであった。

高校編は東京遠征で試合観戦。

感想

面白くなってきたよ。