ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚19-242ボールルームへようこそ/7巻

一体感。

f:id:datu3daybouzu:20190921122808j:image

評価

☆☆(→)

あらすじ

仙石要に別れを告げ、兵藤ダンススクールで練習を続けるたたら&千夏ペア。仙石に基礎練はさぼるなと言われた事もあり、たたらの基礎練メニューはなかなか。

ランニング5km

縄跳びダッシュ

腹筋 背筋 側筋

腕立て スクワットを

1曲分×5セット

最低でこれ。これを真面目にやるんだからすごい。

だけどあっさりこれを×2プラス体幹レーニングとウォーク練、リズム感を養う練習等々命じるマリサ先生は恐ろしい。

そして先日のN戦でD級になったからグランプリin静岡に出たいというたたらに対し、

「出られる」と「出ていい」は別でしょう

と現実を諭す。

それでも諦めきれないたたらは、千夏とともにマリサ先生に内緒でグランプリin静岡に出場。

タンゴでパートナーが消える違和感を覚えたちたらは、その後踊れず1次予選敗退(棄権)

 

後日無断で参加した事をマリサに謝るも、マリサは全てお見通し。グランプリin仙台の出場を餌に次の大会で優勝するよう伝える。

 

避暑地軽井沢にある兵藤家の別荘で、久々に赤城や兵藤らと再会。たたらは千夏と練習に臨むも息が合わず、セパレートの危機。

 

そんなたたらに兵藤が助言する。