ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚19-31アクタージュ/5巻

演技をする。

f:id:datu3daybouzu:20190908105348j:image

評価

☆☆(↓)

あらすじ

夜凪が最近の日課である巌のお迎えに行くと、倒れてる巌がいた。公演初日の朝、緊急入院。舞台のメンバーには夜凪から事後報告。巌の緊急入院、寿命がごく僅かという事実は、メンバーを驚愕させる。天才明神でさえ、動揺を隠せず、巌の緊急入院がネットニュースなった事から、観客もざわめく。

公演中止が噂される中、夜凪、明神ら役者はこのまま決行する事に。

開幕は主人公ジョバンニ役の明神の演技から始まるが、流石。一瞬で観客を舞台の世界に誘う。その後脇役ザネリ役の亀こと青田亀太郎。役者ってマジスゲェ。場を盛り上げる。

ただ、そこで出番を控える七生が悲しみを閉ざし切れず、その空気は周りに伝染する。そんな七生に対し、夜凪は

そんなんじゃ銀河鉄道に乗れないね

 

僕達は少しだけ先に

巌さんと同じ景色を見てくるよ

と言い残し舞台へ。

なぜ巌が夜凪を最後の舞台に呼んだか理解した七生は悲しみから立ち上がり、演技をこなす。

 

そんな中の星アキラ。他の役者が演技に没頭する中、観客がやけに目に入る。

舞台公演は長い。今日を糧に成長しようと決めた星に対し、夜凪が容赦なくアドリブかます