ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚19-30王様ランキング/2巻

敵と味方。

f:id:datu3daybouzu:20190908105513j:image

あらすじとか

ダイダを王にする事に反対したアピスサンデオの始末を命じられたベビン

ベビンはアピスに勝負を挑んで敗北。死んだ様に思えたが生きてるっぽい。

そしてボッジは旅に出る。最初は王女ヒリングに反対されるも、ボッジの硬い決意というか瀕死になりながら脱走を図る本気度に折れる。ただお供にドーマスホクロをつける。行き先はヒリングの実家

ボッジは山頂から眺める美しい夕日や美味しい料理に舌鼓を打ちながら、何者かに命を狙われながら目的地を目指す。道中の地獄の門で、ドーマスに底に突き落とされたボッジ。奇跡的に助かるも、絶対絶命的なピンチの中、カゲと再会。カゲから、ベビンにボッジを守るよう言われたとのこと。ベビン実はいい奴。

一方、王様ランキング90位のダイダは鏡のダイダ、家来2人と共に、ごく一部の物しか知らない地下室へ。そこには氷漬けにされた貴重な生き物達が保管されていた。そして先日死んだボッスも氷漬けに。家来はボッスをミキサーで粉々にし、液を容器に入れる。ビビるダイダに、これからだと話す鏡のダイダ。

評価

☆☆(→)

感想

最初は漫画じゃなくて絵本の予定だったというのが納得の優しい作風。