ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

📚19-29賭博黙示録カイジ/13巻

仕込みくじ引き。

f:id:datu3daybouzu:20190831163831j:image

あらすじとか

会長に対し、自作の仕込みくじ引きで一騎討ちを申し込んだカイジ

3つの条件を飲むなら、受け入れると表明す?会長。

その条件とは、

  1. 団子くじは当たりくじと認めない。
  2. 先行権を会長に譲る。
  3. 賭け金を1億円とし、カイジは不足分を指4本で補う。

ビビるカイジであったが、仕込みがあること、いくら会長といえど大量のくじの中から1発で当たりくじは引けないだろうと踏み、受けて立つ。

 

結果は、カイジの完敗

カイジは左手の親指以外の4本を失い、会長はカイジ兵藤和尊という名前を明かし、去って行った。

 

カイジは、会長が勝てるチャンスを与えたにも関わらず勝てなかった事を悔い、リベンジを誓うのであった。

評価

☆☆☆(↑)