ツタヤな日々

ツタヤな日々2

基本インドア、たまにアウトドア。

📚19-21ミステリと言う勿れ/3巻

これをミステリと言わず何と言う。

f:id:datu3daybouzu:20190622154043j:image

あらすじ

広島に見逃した美術展を見に行った久能整。鑑賞してさあ帰ろうと思ったところで、ヤクザに絡まれる演技をしていた狩集汐路に絡まれる。

ひょんなことからあれよあれよと、気付けば一族の財産争いに巻き込まれていた整。

 

遺産相続に際して、4人の権利者に4つの蔵が授けられる。それと共に謎の文言を言い渡されるのであった。

 

汐路によれば、遺産相続には争いが起き、決まって人が死ぬとのこと。

 

ふーん、なるほど。

 

汐路に無理矢理押し付けられた彼氏の体で、整は起こる現象を解決に導いていく。

 

これをミステリと言わずに何と言う。

評価

☆☆☆(→)

感想

人の入ったお風呂に入るのが嫌とか、知らない人に自分の洗濯物を渡すのが嫌とか、意外と潔癖な整。

食っても食えなそうなこういう人間に憧れるぜ。