ツタヤな日々

自閉な日々

asdでsadな日々の記録。

🎥19-15高台家の人々

主人公の妄想について行けず止めた。

f:id:datu3daybouzu:20190601163554j:image

あらすじ

人付き合いが苦手で、ひとりで過ごすことが多い会社員の女主人公。そんな人いくらでもいるじゃん。でも、映画に出てくる人付き合い苦手な主人公って、どこか抜けてて、この主人公もぶっ飛んだ妄想癖がある。

 

そんな主人公の会社に、超金持ちの御曹司が転勤先から配属になる。イケメンで仕事が出来てお金持ち。非の打ちどころがない彼には誰にも言えない秘密がある。それは人の心が読めること。

 

人の心が読める。いわゆるテレパシーって全く持って羨ましくない超能力。だってメリットよりデメリットの方がはるかに多いと思わない?人の本音が常時ダダ洩れ。

 

そんなテレパシストだから、ぶっ飛んだ頭お花畑の女主人公に魅かれ、二人は身分の差があるものの、交際を始める。

 

感想

好きなんだよ、妄想壁がある主人公の映画は。「メアリ」とか「LIFE!」とか。だけどこの映画は生理的に無理。この映画がっていうか日本人の有名女優が妄想壁っていうのが無理なのかも。

 

確かに綾瀬はるかは天然のイメージある。だけど、さすがに行きすぎじゃない?妄想が。

 

黒い本音よりは虹色の妄想のほうがきれいなのかもしれないけど、それを可愛いと思える御曹司は、きっと優しい心の持ち主。

 

俺は違うから、今年2度目の鑑賞放棄。

 

×