ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

🎥19-10タイピスト!

才能はひとつあれば十分。

f:id:datu3daybouzu:20190503170052j:image

最近観たおもしろい映画。その答えは「トリガール!」で止まっていたけど、これからは「タイピスト!」になった。

 

映画っぽい映画、堅苦しい映画。皆が名作という映画は苦手で、この映画もそういう系統の映画だったから、最初は重かった。だけど、観ているうちに、ヒロインの人のよさ、コーチ役の人のよさに魅かれて見入っていた。

 

新卒の就活は、特に女子の個性の喪失感が半端ない。就活スタイルで歩いてる女子大生は誰が誰だか分からない。女子ほどじゃないにしても、男もそう。この就活スタイルは変えていくべきだと思う。

 

このヒロインは就活女子とは真逆に、個性丸出しで、保険会社の秘書の面接を受けに行く。常識知らずな外見で、すぐに落とされそうになるも、2本指で高速タイピングができるという特技で採用になる。

 

1週間試験採用で様子を見るも、秘書としてはてんでダメ。そんなヒロインを見かねて、雇い主は、タイピストの大会で勝つことを条件に採用を継続する。

 

大会を迎え、ヒロインは順調に勝ちを重ね。決勝に進出。決勝では2本指タイピングで望むも、惜敗。

 

大会で勝てなかったことから、雇い主の条件どおり実家のある田舎町に帰ろうとするも、2本指タイピングで準優勝したヒロインに才能を見出し、引き留める。

 

そこからタイピングの日々が始まっていく・・・。

 

今日は何しようかな?なんて考える暇もなく、日々猛練習に打ち込む。そんな姿見たら誰だって応援したくなる。

 

才能はひとつあれば十分。強いアスリートを見ると、どうしても才能に目が行きがちだけど、その裏にはつらい練習があるという当たり前のことと、ソープに行きたいとか言ってる場合じゃないってことに気付かされた。

 

☆☆☆