ツタヤな日々

ツタヤな日々2

自閉でsadな日々の記録。

漫画-メタモルフォーゼの縁側

📚21-117メタモルフォーゼの縁側/5巻(終)

女子高生と老婆。孫と祖母、若者と年長者の関係ではなく、対等な友人としての関係性にほっこり。きっかけがBLというのが異色な作品だけど、途中からは2人の何気ない日常に癒された。

📚20-298メタモルフォーゼの縁側/4巻★★'21m.

ほっこり。うらら初の売主としてコミケデビュー。自分で作った同人誌(BLもの)を100円で陳列するもまだ売れず。コロナでコミケも中止だったんだろうな。

📚20-297メタモルフォーゼの縁側/3巻★★'21m.

久しぶりに読んだけどほっこり。タイトルのメタモルフォーゼの意味が分からなかったので、調べてみたらドイツ語で変化、変身という意味らしい。女子高生とお婆ちゃんが友達って何かいい。この2人はBLつながりなんだけどそこがいいというか。

📚19-8メタモルフォーゼの縁側/2巻

共通の趣味つながり。 あらすじ うららの幼馴染の男子やその彼女、雪の娘など当事者以外の思いやりや心境等がありつつ、2人はBLを通して交流を深めていく。 感想 単行本は大判で読みやすい。物語もまあまあ。うららの幼馴染が彼女持ちだけど優しすぎる。 ☆☆

📚19-8メタモルフォーゼの縁側/1巻

孫と祖母ではない関係。 あらすじ 本屋でアルバイトをしている女子高生のうらら。そこに客としてきたお婆さんの雪。料理本を探す中でふと目に入った若い男2人が表紙の漫画。家に帰って読んで悶えて、続編が気になって同じ本屋に足を運ぶ。 BLという共通の趣…